外出自粛要請中の仙台駅の様子(4月4日)

新型コロナウイルスの影響で世の中が大変なことになっていますね。

今の日本は収入の補償とかの話題が多いような気がしますが、イギリスに住んでいる人の動画を見ると、そういうレベルではない雰囲気です。

とにかく生きる、死なないことが至上命題という感じです。

私が住む仙台もじわじわと感染者が増えてきています。

今回の土日は若い人に対して外出自粛要請が出されました。

それに伴って、仙台駅周辺のエスパルやパルコなどのショッピング施設は2日間の休業となりました。

行っても店が閉まっていたら出かけても意味ないですから、これは効果抜群です。

でも私は歩くことを日課にしていますので、昨日は仙台駅を歩くコースに入れてみました。

人は少ないだろうと思っていましたが、私の予想をはるかに超えて人がいませんでした。

午後5時の仙台駅の中ですが、ステンドグラス前もいつもは待ち合わせで人がごちゃごちゃしているのに、昨日は数えられるくらいしか人がいません。

3階の新幹線改札口のあるフロアですが、ほぼ人がいない状態です。

新幹線を利用している人がほとんどいないかもしれません。

みどりの窓口をのぞいてみましたが、一瞬営業をしていないかと思ってしまいました。

お客さんが0人なのです。

しかし、カウンターにはきちんと人がいたので、営業はしているのです。

できることならこんな寂しい仙台駅を見るのは今回が最後であってほしいと思いますが、まだまだ長引きそうです。

仙台駅に行ったことを妻に叱られたので、今後はなるべく行かないようにします。

ただ、人の多さでは近所のスーパーのほうが危険とも言えますが。

早い収束を願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする